予約電話番号

048-954-5260(代表)

受付時間平日8時40分~11時45分/14時30分~17時30分

お問い合わせ
TEL
menu close

当院について

About Us

埼友⼋潮クリニックとは

八潮エリアに誕生した透析室を持つ
腎臓内科・内科のクリニックです。

埼友八潮クリニックは、八潮市に医療法人埼友会が新たに開院したクリニックです。埼友会は草加市において、1978年に開院した埼友草加クリニックを前身に、埼玉県東部地域で透析療法を含む腎疾患治療や、脳血管障害治療に取り組んで参りました。40年以上に及ぶ埼友会の医療は地域の皆さまに厚い信頼をいただいています。八潮市には未だ血液透析が可能な医療施設が少なく、埼友会はこの現状に対応すべく埼友八潮クリニックを開院しました。もっと近くで、もっと温かく。私たち埼友会が八潮市で展開する医療にどうかご期待ください。

理念・基本⽅針

患者様に良質で温かい医療を提供します。

基本⽅針

1.私たちの得意領域、今後求められる領域への貢献
・腎疾患医療
・疾患予防、早期発見、初期治療

2.私たちの医療基盤となる姿勢の堅守
・医療安全推進とサービス向上
・職場環境整備とスタッフ教育

宗教上の理由による輸血拒否に対する基本指針(PDF)

設備・医療機器のご紹介

リクライニング式透析用ベッド

読書したり、フリーWi-Fiを利用してスマートフォンやタブレットを活用したり。透析中も能動的に過ごしたい方のために全ベッド数のうち約半分をリクライニング式ベッドにしています。

透析用電解水設備

当院では透析における酸化ストレスに効果が認められている「電解水透析」を行っており、そのための透析用電解水設備を備えています。

透析装置

患者様の心臓への負担が少なく腎臓にもやさしいオンラインHDFが可能な透析装置を導入しています。

生体検査室機器

血中ガス分析器、自動血球計数装置が導入済みで、院内で必要な生体検査が可能となっております。

超音波(エコー)診断装置

超音波診断装置による検査は患者様の身体に与える影響が少なく、体内のリアルタイムの画像が観察できる検査が可能です。

一般撮影装置(レントゲン)

X線量の少ないフラットパネルタイプの一般撮影装置を導入しています。

埼友⼋潮クリニック概要

開設者 医療法⼈ 埼友会
医療機関名 埼友⼋潮クリニック
院⻑ 鈴⽊ 博貴
診療科 腎臓内科・内科・糖尿病内科
電話番号 048-954-5260(代表)
所在地 〒340-0822
埼⽟県⼋潮市⼤瀬5丁⽬1-15
⼋潮駅から徒歩3分
駐⾞場 32台完備
透析病床数 透析27床
※⼊院⽤の病床はありません
30床まで拡⼤の予定。
外来診療時間 9時から12時、15時から18時
※⽊・金・⼟曜の午後、⽇曜、祝⽇は休診
⾎液透析時間 (月・水・金)7時45分から⼊室
(火・木・土)8時15分から入室
※火・木・土の午後、⽇曜は休診
施設基準 明細書発行体制加算
時間外対応加算3
在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料遠隔モニタリング加算
慢性維持透析1
導入期加算1
透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
下肢抹消動脈疾患指導管理加算
指定医療 保健医療機関
労災保険指定病院
結核予防法に基づく指定医療機関
生活保護法に基づく指定医療機関
更生医療認定病院(腎臓に関する指定自立支援医療機関)
被爆者援護法に基づく被爆一般疾病医療機関
身体障害者福祉法
難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく指定医療機関

院内のご紹介

透析室

透析患者様専用ラウンジ

透析患者様専用更衣室(個人専用ロッカー)

診察室

外来待合室

車椅子での使用にも対応するトイレ

暴言・暴力・迷惑行為・犯罪行為等への対応について

当院の理念にもあります「患者様に良質で温かい医療を提供します」を実現するためには、患者様と医療者との良好な信頼関係が必要になります。
以下のような暴言・暴力・迷惑行為・犯罪行為・その他これらに準じる行為があった場合には当院での診察を中止し退去を命ずることがあります。
また、必要に応じて警察へ通報することがありますのでご了承ください。

  1. 大声や奇声、暴言または脅迫的な言動により、他の患者様及び職員に迷惑を及ぼした場合(尊厳や人格を傷つけるような行為等)
  2. 他の患者様及び病院職員に対する暴力行為、もしくはその恐れが強い場合
  3. 職員に対しみだりに接触したり、卑猥な発言などの公然わいせつ行為をした場合(セクハラ行為)
  4. 解決しがたい要求を繰り返し行い、診療業務を妨げた場合(必要限度を超えて電話等を強要する行為や謝罪を強要する行為等)
  5. 医師及び職員の指示に従わない行為をした場合(診療及び院内の諸規定等)
  6. 院内の機器類の無断使用、持ち出し、または器物破損行為もしくは紛失した場合
  7. 診療に必要のない危険物品を持ち込んだり、正当な理由もなく院内に立ち入り、長時間とどまった場合
  8. 正当な理由なく診療費の支払いを拒否した場合
  9. その他、他の患者様や当院への迷惑と判断される行為、及び医療に支障をきたす迷惑行為をした場合

以上、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。